第一種衛生管理者

第一種衛生管理者で一発合格をめざしましょう!

 

第一種衛生管理者で一発合格をめざしましょう!

こんにちは 管理人山本です。

だれでも どんな資格でもそうだと思うんですが、試験を受けるからには当然 一発で合格したいですよね!

 

管理人の山本は なんとかギリギリで一発合格することができました。(試験を受け終わったときは ダメだ~落ちた~もう一回だ~って凹んでました(T_T)実は自己採点してもギリギリだったんです)

 

一度試験に落ちてしまうと また、申し込みから再スタート!しかも、せっかく勉強して覚えた事も次の試験までにはさすがに忘れてしまいますから、また勉強もやり直さなければならなくなります。

 

幸い、衛生管理者の試験は会場によっても異なりますが月に数回、試験が実施されていますので一度落ちても すぐに再チャレンジできるので助かります。

 

・・・が

 

試験は有料です!  一回につき 6800円!何回も受験するのは・・・・さすがにキツイですね(T_T)。

 

第一種衛生管理者を一発で合格するために必要だなと感じた事

 

管理人の山本が 第一種衛生管理者を受験してみて一発で合格するために 「これは必要だなぁ~」と、感じた事があります。

 

それはなにかというと・・・

 

決して 「油断しない」 ことです。

 

「そんなの、あたりまえじゃん!」と、思う方もいると思いますが、私が過去に受けてみた、いくつか試験のなかでも衛生管理者の試験は 「油断しやすかった」 のです。

 

その理由には、大きく分けて二つあります。

 

衛生管理者試験は油断しがち?!受からない2つの理由

もちろん、この話は勉強は当然してからの話という事とあくまでも管理人の個人的な感想ですので、軽い参考までに読んでみて下さい。m(__)m

 

一つ目は、試験の回数が多いこと

通常、国家資格の試験は1年のうち1~2回がほとんどです。

 

ちなみに私が受験した事がある工事担任者の試験は年に2回。電気工事士は、第二種は年に2回 第一種は年に1回のようになっています。

 

しかし、衛生管理者の試験は会場によって違いますが、多いところで年に40回くらい実施されています。この、「一回落ちても すぐに再チャレンジできる」と思う気持ちのせいで油断が生まれ、勉強のつめが甘くなってしまったのです。(本人談:反省)

 

二つ目は、合格率が高い事

衛生管理者の合格率は国家資格のなかでは結構高い方だと思います。

第一種が約40%~50%
第二種が約50%~60%

この高い合格率が「なんだぁ けっこう合格率高いじゃんみんな受かってるんだな」「これなら あんまり勉強しなくても大丈夫だな」と、思わせるんです。(゜.゜)

 

しかし、この合格率は あくまで試験を受けた人全員に対する合格した人の割合であって衛生管理者の試験は回数が多いので 2回・3回と受験している人がざらにいる試験でもあります。なので 一発で合格している人の割合は もっともっと少なくなるのです。

 

まとめ

第一種衛生管理者体験談

衛生管理者は合格率がけっこう高めな国家資格だと思います。
ですが、一発で合格するのは簡単ではありません。

試験の回数が多い分、どのくらい勉強時間をとって試験に臨むか?タイミングも重要になってきます。試験まで時間がありすぎても勉強に飽きてしまう可能性もありますし、試験までの時間が無さ過ぎても範囲全体を把握しきれなくなってしまいますので ある程度、勉強から申し込み・試験の日程までの予定を作成して段取りよく試験に臨むことが必要になると思います。また、衛生管理者の試験は計算問題などがないかわりに 薬品や成分など、丸暗記しておかなければならない問題も多数出題されます。暗記に時間がかかってもあきらめずに1つ1つ確実に覚えていく事が合格には必要だと思います。
勉強がんばりましょう!

 

→記事の一覧ページにもどるにはこちらから←

 

 

-第一種衛生管理者

Copyright© めざシカblog , 2020 All Rights Reserved.