第一種衛生管理者

第一種衛生管理者の受験資格や実務経験をわかりやすく解説!

高卒おすすめ国家資格

 

第一種衛生管理者の受験資格や実務経験をわかりやすく解説します!

はじめに、こちらの記事は主に高卒の方が衛生管理者の試験を受けようとするときに、関わってくる受験資格を取り上げていますので、ご了承くださいm(__)m

 

第一種衛生管理者を受験するうえで、まず!確認しなければならないのが・・・

 

”受験資格と実務経験”です!
(; ・`д・´)

 

これは、試験を申し込む際の申し込み用紙”公益財団法人 安全衛生技術試験協会”さんの「免許試験受験申請書とその作り方」という冊子に詳しく掲載されています。この冊子によると、第一種衛生管理者の受験資格と実務経験は、なかなか細かく区分されていているので、代表的なものをご紹介したいと思います!

 

第一種衛生管理者の受験資格とは?

第一種衛生管理者の受験資格は、約16項目にわかれているのですが、そのうち、高卒の方が試験を受ける際に、主に当てはまる受験資格が2つあります。

 

まず一つ目は・・・

《学校教育法による高等学校又は中等教育学校を卒業したもので、その後3年以上労働衛生の実務に従事した経験がある人》

簡単に言うと・・・高校卒業して、3年以上労働衛生の実務に従事しながら働いた人のこと!

 

そして二つ目は・・・

《10年以上労働衛生の実務に従事した経験がある人》

これも簡単に言うと・・・とりあえず学校のことは関係なしに、10年以上労働衛生の実務に従事しながら働いた人のことです!

 

高卒で第一種衛生管理者の試験を受験しようと考えている方のたいはんのひとは、上記のどちらかの受験資格で第一種衛生管理者の試験を受けることになるかと思いますが、第一種衛生管理者の試験を受験するためには、受験資格と・・・

 

実は、もう一つ必要なものが・・・

 

それが”添付書類”です。
(; ・`д・´)

 

先ほど紹介した二つの受験資格!どちらにも、添付書類が必要になるのですが・・・添付書類に、違いがあるんです!

 

一つ目の《学校教育法による高等学校又は中等教育学校を卒業したもので、その後3年以上労働衛生の実務に従事した経験がある人》の受験資格の添付書類は、”事業者証明書”というもののほかに、”卒業証明書”というものも必要になります!

 

ちなみに、二つ目の《10年以上労働衛生の実務に従事した経験がある人》の場合は、添付書類は、事業者証明書だけでいいので添付書類の準備がだいぶ楽になるとおもいます。

 

 

第一種衛生管理者の受験資格の事業者証明書とは?

第一種衛生管理者の受験資格に必要な添付書類!

 

”事業者証明書”

 

これは、上記でもご紹介させていただいた”公益財団法人 安全衛生技術試験協会”さんの「免許試験受験申請書とその作り方」という冊子に入っています。

 

これには、労働衛生の実務内容を選択する項目があり、自分がいままで携わってきた従事経験を選ぶことになります。

 

そして、ここからがなかなかの”くせ者”なのですが・・・
( ゚Д゚)

 

この、事業者証明書の最後に”事業者職名・氏名””職印”とあるのですが!これは、事業者職名は、”所長とかセンター長とか社長とかの名前”、職印は、”会社のハンコと社長や所長のハンコ”のことです。(これは、あくまで一例ですが・・・。)

 

( ゚Д゚)なので・・・「転職の為に会社に内緒で衛生管理者の資格取ろう!」って、思って取得するのは難しいんです!

 

また、なかなか簡単に会社で”偉い人に名前を書いてもらったり、会社のハンコ押してもらったり、してもらえない会社もあるようなので、試験を受けようとする前に、会社に確認しておくことをおススメします。

 

 

まとめ

第一種衛生管理者体験談

今回は、衛生管理者の受験資格について代表的なものを2つ取り上げてお話させていただきました!
(; ・`д・´)

衛生管理者の受験資格は、約16項目と細かく区分されています。受験する前に、自分がどの受験資格にあてはまるのか、キチンと調べてから勉強に取り組んだほうがいいかもしれませんよ!

 

→記事の一覧ページにもどるにはこちらから←

 

 

 

-第一種衛生管理者

Copyright© めざシカblog , 2020 All Rights Reserved.