第一種衛生管理者

【体験談】衛生管理者の参考書!自分に合ったテキストを選ぼう!

【体験談】衛生管理者の参考書!自分に合ったテキストを選ぼう!

こんにちは管理人山本です。

管理人山本は第一種衛生管理者の勉強をするために参考書を2冊購入しました。

 

1つは、要点を簡潔にまとめてあって大事なところを集中的に覚えられるものともう1つは、分厚くて内容もしっかり書いてあるけど、ページ数が多くて一回通しで読むだけで嫌になってしまうもの( ゚Д゚)の2冊。

 

実際、勉強してみてどちらが おすすめか・・・

 

結論からいって・・・個人的には…

 

分厚くて内容もしっかり書いてある方(; ・`д・´)です。

 

 

多分、内容の濃い一冊の本で衛生管理者の試験には十分合格できると思います。が、勉強が苦手、勉強が嫌い、暗記が苦手な管理人山本にはこの内容の濃い本では勉強がはかどらない!ていうか、覚えにくいし勉強してて飽きてくるんです。

 

絵がないと絵が!図で説明してほしんです。字だけだと理解出来ないんです( ゚Д゚)。

 

管理人と同じように「勉強が苦手、嫌い」という方には絵や図でわかりやすく覚えやすいテキストをメインで使い字が多いけど容の濃いテキストを辞書的なあつかいで知識を深めるのに使っていくといいかなぁと思いますよ。

 

あと、過去問が掲載されているかどうかも、参考書選びには重要です。やっぱり過去問をこなすのは、どんな資格試験でも重要ですからね!

 

また、参考書の過去問の書き方についてなんですが、出題の仕方?言い回し?が本番の試験のように書かれているかどうかも、気にしたほうがいいかなぁって思います。

 

衛生管理者の試験は計算問題はほとんどなく、文章問題がほとんどなので問題文の言い回しや問題の書き方が実際の試験とまったく違っていたりすると・・・

 

いざ!試験本番!のときに混乱してしまいかねないので参考書に書かれている問題も実際の試験に近いものを探して、それを勉強するといいと思います。

 

→記事の一覧ページにもどるにはこちらから←

 

-第一種衛生管理者

Copyright© めざシカblog , 2020 All Rights Reserved.